横浜F・マリノスと育児のこと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
THIS IS IT
 

観てきた。




 

感想を文章で語るのが難しいなー。

映画っつーか、リハシーンを繋ぎ合わせたもので、時々共演者(ダンサー、バンドメンバー、スタッフ)のインタビューが入ってて、よくあるライヴDVDにオマケで入ってるドキュメント映像みたいな感じなんだけど。
でもクオリティが全然桁違い。



TVのドキュメンタリー番組なんかで面白おかしく取り上げられてた彼じゃなくて、音楽に対して真摯で一切妥協はなくて、それでいてフレンドリーで愛情に溢れてる、世界一のエンターテイナーのマイケル・ジャクソンだった。
歌も踊りも、最高カッコイイ。


生前のライブ予告(これも映画で見れるシーン)のときに、「ファンのみんなが聴きたい曲をやるよ」って言っていただけあって、わたしでも知ってるような有名な曲がメイン。
でも発表当時のものじゃなくて、音楽の中で生活して築き上げた現在のクオリティに仕上がってるんだよね。

ディレクターだか誰かが、
「自分を知っているアーティストとはやりやすい。MJは自分の音楽は熟知しているからね」
と語るシーンがあるんだけど、MJは本当に細かくテンポなんかを指示する。
それも全部、観に来てくれるファンがノリも余韻も含めてライヴを楽しむために、メニューを考えてくれていて、ライヴ本番を最高の出来に持っていくためにリハにリハを重ねる。

かと思えば、わたしが凄く好きなシーンなんだけど、バンドメンバーでギターやってる女子のギターソロのときに、彼女にも徹底的に指導をしながら
「君の見せ場だ。僕もそばにいるから大丈夫」
って仲間として声をかけて励ましながら、彼女のボルテージも上げていく。


あとライヴ中のモニターに映すように、何作かPVみたいに別途映像を撮影したものがあるんだけど、それの『Thriller』だけでも本当に凄い完成度。
発表時のものとは設定も変えて、花嫁と花婿のゾンビが中心で、ホーンテッド・マンションちっくなテイストがまたたまらない。
あー、やっぱThrillerダンスは覚えたい!!
『SmoothCriminal』もかっちょよかったけど、あのナナメダンスがなかったのが残念だー。




あー、だめだ。語ってたらキリがない。

でも本当に、偉大なアーティストを失ってしまったんだなーという喪失感に、改めて気付く作品でした。
単なるリハシーン映像だけど、逆を言えば、単なるリハシーンであれだけ凄いっていうのが、MJの凄さなんだろうなー。

ライヴ当日を迎えることが出来なかったのが、本当に本当に残念で勿体ない。
最高にエキサイティングなライヴになっていたはずなのに。


16:50 - - 【映画】
スポンサーサイト
16:50 - - -

<< Next   /   Prev >>